ビジネス研究会

第23回ビジネス研究会「日本のブライダル産業について」

今回の講師には、岐阜県岐阜市でハウスウエディングやウエディングプロデュースを行っている株式会社サン・ワード 代表取締役の山下信彦様にお越し頂きました。
オーストラリアの豊かな自然の魅力に惹かれた山下社長は、同国でウェディングプロデュースの会社を起業。その後、日本に帰国し、1998年に岐阜市でウェディングプロデュースの会社を設立しました。

理念やビジョン、仲間との信頼、分析と行動を重要視し、同社ではドミナント戦略を徹底。岐阜県ではNo1のシェアを誇っています。

日本国内のブライダル市場が年とともに微減していくなかで、同社はミッションを「サービスで世界を幸せにする」、ビジョンを「世界No.1おもてなし研究所になる」、スローガンを「ゼロ・クリエイティブ」と定め、誰も考えなかったサービスや誰も見たことのない価値、新しくお客さまに喜んでもらえるものを真摯に考え、提供していきたいと仰っていました。

また、山下社長は昨年10月にASEAN-NAGOYA CLUBがインドネシア政府とともに主催したジャカルタでのビジネスマッチングに参加されました。
ASEANの地域では、日本とは違い結婚式に来場する人数が数百人、多ければ1000人を超える規模で開催をされています。
経済成長に従い、人々が豊かになっていくなかで、日本のブライダル事業も受け入れられる可能性が大きいのではないか、とコメントしていました。

 

34831489_1921429584556988_7787345894621315072_n