ビジネス研究会

第17回ビジネス研究会「建築と記者 名古屋とアジア」

今回のテーマは「建築と貴社 名古屋とアジア」。講師として中日新聞社取締役・新中日ビル準備室長の団野誠様にお越しいただきました。
名古屋大学大学・同大学院にて建築史・意匠論を学ばれ、学生時代に旧ソ連、欧州、中近東、アジアを放浪旅行したエピソードや、バンコク支局長としてASEAN加盟国を取材に回ったご経験、現在の業務に関連している栄の再開発について、お話をいただきました。「建築はストーリーと形、ジャーナリズムはストーリーとファクト。建築とジャーナリズムは、ともに文化を築き、人々を感動させる力がある」と仰っていました。参加した留学生からは「日本には複雑な建物があり、地域の魅力に貢献している。その設計や管理の手法はとても興味深い」といった意見が出されていました。今後も栄地区の発展のためにジャーナリズムと建築の両輪で力を尽くしていく、語っておられました。

最後に、事務局からは、新しく参加するカンボジア留学生2名・タイ留学生1名・ベトナム留学生、及び一度当CLUBを卒業し、再度博士課程留学生として参加するフィリピン留学生1名を紹介しました。

22537887_1662071473826135_1054287744_n